銀行の対応状況、金融庁や中小企業庁等の動き、信用保証協会の動きをウォッチしていく無料のメルマガ。

今なら全国銀行協会へ行った経営者保証に関するガイドラインについてのインタビュー内容(文字起こし)を無料プレゼント

社長はもっと楽になっても良いのでは・・・

日本企業の99.7%、420万社は中小企業です。

また、全従業者数の69%、2,784万人は中小企業に勤めています。

つまりそれだけ、中小企業は社会の核となっているわけです。

 それを束ねる中小企業の社長は社会に大きな貢献をしています。

 

✔ 雇用という側面

✔ お金を動かして、経済を活性化させるという側面

✔ お金を稼いで会社で、個人で納税をしているという側面

 

もちろん、創業当初はリスクを背負っていかなければならないわけですし

社会への貢献度もそれほどないかもしれませんが、

ある一定の期間を越えて会社が安定して来ると社会への貢献度が高くなります。

 

そうした貢献度が高くなってからでも、色々なリスクは抱えています。

連帯保証人もそのひとつです。

 

しかし、取り除けるリスクであれば取り除いていく必要があります。

背負っている荷物を少しおろして、もっと楽になっても良いのではと思います。

 

無料メルマガにて、最新の情報を入手して下さい

ただガイドラインができたといっても手放しで喜んでいてはいけません。

銀行が無保証で融資を出すということはそれなりにリスクを冒しています。

こちらもそれに応えるかたちにしていく必要があります。

 

いつかかならず来る未来をいち早く手に入れるこのプロジェクトの価値を共有でき

協力し合える仲間も増えてきています。都内有数の起業支援施設「インスクエア」

(運営:株式会社アットオフィス)もその一つ。

各社と協力しながら道を切り開いてまいります。

 

まずは無料メルマガで様々な情報を取得して下さい。

過去のバックナンバーをお見せいたします。

日本経済新聞の記事に経営者保証が掲載【2014.8.18】